まさに薔薇日和!「あ・うん」日和!
連日、真夏日が続いている東京ですが、調度この日から快晴続きになったんです!



雲一つない、五月晴れの中、昨年の薔薇コレクション作品「Bardot2号」
素敵に着こなして下さったさおりさんと楽しいひと時を過ごさせて頂きました♪



店主は、懐かしの薔薇コレクション作品「CECIL1号」を着て、
二人で薔薇模様チームになって薔薇園の中で激写しまくりました。(笑)



だって、薔薇がこんなにも美しいんですもの!



さおりさんもいつもに増してより一層輝かれて、激写が止まりませんでした〜☆



今回初めて「横浜イングリッシュガーデン」に行きましたが、園内は薔薇の香りで溢れてて、
薔薇との距離が近い小さな小道が激写には最高でした。
大勢の方で大渋滞なのですが、薔薇の妖精と会話が出来そうです♡w



ローズトンネルの美しさに後ろ髪をひかれながらお楽しみのランチタイムに突入です♪
次の目的地にも便利な様に、横浜駅まで戻り「ミクニ ヨコハマ」さんへ…☆



横浜スカイビルの最上階に位置する店内からは、横浜ベイエリアからみなとみらいまで
が一望出来て、すばらしい景色とともに素敵なランチタイムを過ごさせて頂きました。
やはり圧巻のロケーションを見ながらの絶品ランチは、気分が上がりますよね〜!



オーナー三國清三さんのエスプリを継ぐ、シェフの瀬戸さんが創りだすのは
“素材本来の味わいと香りの饗宴”。
横浜近隣で採れた野菜や海の幸など、地元が育んだ食材たちのうまみを引き出す
至福のひと皿でした。もちろん、すべて完食致しました。



カクテルとワインを飲んですっかりいい気分♪お昼間からすみません。w



しかし、「Bardot2号」は、薔薇園だけでなく
こんなモダンでスタイリッシュな空間でも最高に輝きますね〜☆



そして、本日のお楽しみ第二弾!
「ファッションとアート麗しき東西交流展」に♪

なお6月2日(金)は横浜開港記念日でどなたでも観覧無料だそうですよ!!



展示されていた作品は、日本の文様で製作されたシャネルのイブニング・コートや
モリヌーのイブニング・ドレス等でした。
銘仙の着物も展示されてましたが、正直さおりさん着用の「Bardot2号」
この空間の中で一番美しかったです。
そう美術館に展示されてもおかしくないレベルの作品だと横浜美術館で判明しました。笑



薔薇園でもレストランでも美術館でも何処でも輝く作品は、絵になり過ぎです。
それは、お洋服に物語が込められているから…。



最後は、偶然横浜美術館で発見したルドゥーテの「バラ図鑑」展に!



2011年にみぃ〜ちゃんと文化村で「 花の画家 ルドゥーテ『美花選』展」
観て以来なのでおよそ6年振りの再会です。



ルドゥーテの植物画は繊細優美でありながら学術的にも正確であり、
芸術としてだけではなく植物学においても大変貴重な資料となっていますよね。

下の写真は、ルドゥーテの描いた花をモチーフとして装飾されたチェンバロです。
5月28日(日)午後2時から(約20分)は、そのチェンバロで
ミニコンサートも開催されますよ。
■6階=そごう美術館展示室内
■参加費:無料(別途入館料が必要です)
■協力:八ヶ岳高原音楽堂

演奏者 水永牧子(チェンバロ奏者)



ご興味がある方は、≪優待割引≫もあるみたいなので、
H.Pでチェックされてはいかがでしょうか?



この日は、まさかの3カ所移動と言う事で、足が棒状態になり
「神楽坂茶寮」でライチ茶などを飲んで休んでから帰りました。
お天気も良いし、お食事も美味しいし、バラも展示もすべて良くて最高の一日でした。

さおりさん!大変お忙しい中、おつきあい頂き誠にありがとうございました〜!
今回もお天気に恵まれ絶好の薔薇日和「あ・うん」日和で楽しかったですね〜♪
また展覧会やレセプションパーティー等、楽しいひと時をご一緒して下さいませ〜♪
次回浴衣コレクション作品で、是非またデートして下さ〜〜〜い♡
それでは、今後共どうぞ末永くよろしくお願い致します。


関連タグ:「Bardot2号」 「Bardot」 「凛2号」 「凛」 「bebe2号」 「bebe」 さおりSTYLE 薔薇文 銘仙 薔薇文様 燕文様 鳥文様 薔薇鳥文様 黒地漆「CECIL1号」 「CECIL」 「Seberg1号-A」 「Seberg1号」 「Seberg」 「Jean1号」 「Jean」 セットアップ 着こなし参考例 巻き薔薇「CECIL1号」 鳩文 鳩文様 「Sumako7号-L」 「Sumako7号-L」鳩牡丹模様 


この記事に関するお問い合わせ

お名前  
ふりがな  
メールアドレス  
タイトル
お問い合わせ内容

RSS2.0