昨年の[SURPRISE COLLECTION・1]でデビューした
浴衣地×デニム地の「Sumako8号」
コレクション作品は、すぐにお嫁入りさせて頂きましたので、
新たにお揃いの「Sumako8号」を製作させて頂きました。



☆「Sumako8号」着物地or浴衣地両面ビーズスパンコール刺繍&パッチワーク仕上げ
裾別生地正絹orデニムは同じでサイズがiPhone 8対応です。
<本体外寸>高さ18,5cm 幅(底)11,5cm(最大幅)14cm マチ3cm
<親口金内寸>高さ16,5cm、幅9,3cm
<チェーン>長さ38cm&120cm 3WAY 裏地&ラベンダーの匂い袋付

38cmのチェーンはカゴバッグ等と一緒に2個持ちで、着こなしのポイントにも〜♪
コレクションとは、違う模様を合体して世界でただ一つが基本です。



iPhone 8の高さ138.4 mmにもiPhone 8 Plusの高さ158.4 mmの
どちらでもOKなサイズになっております。



画像クリックで大きな写真をご覧頂けます。

チェーンは、取り外し自由ですので、シーンに合わせて使い分けて下さいませ。



パスポートとスマホを入れても高さが2,5cm大きくなったので余裕で入ります。



ラベンダーの匂い袋は、もちろんお揃いの生地でワンコちゃん模様です〜♪



120cmのチェーンは、ポーチとして斜めがけも出来ますので
いつも肌身離さず大切なモノを入れて下さいね〜♪



海外では、パスポートケースとしても使えますし、
写真を撮る方はレンズキャップケースとして使っても便利ですよ〜♪




K.T様!毎度[生地セレクトCUSTOM ORDER]ですべてをご信頼頂き、
誠にありがとうございました。
「Sumako8号」の方、イメージ通りに仕上がっておりますでしょうか?
どうか、末永くご愛用して頂けます様、心より祈っております。
また嬉しい感想メールも送って頂き、心よりお礼申し上げます。
最後のお揃い作品もご紹介させてくださいませ。
それでは、今後共、幾久しくよろしくお願い致します。


☆みなさまも店主を信じて[完全おまかせCUSTOM ORDER][生地合体おまかせORDER]
または[お持ち込みCUSTOM ORDER]
世界でただ一つの「Sumako」を作ってみませんか?

「Sumako1号」→着物地のパッチワークにビーズスパンコール刺繍×片面デニム
「Sumako1号-R」→着物地or浴衣地両面のビーズスパンコール刺繍パッチワーク仕上げ
「Sumako2号」→デニム地の上に着物地のパッチワーク
「Sumako3号」→藍の型抜き×前掛けorデニム
「Sumako3号+」→型抜き生地×前掛けorデニムにビーズ刺繍を施した作品
「Sumako4号」→着物地にビーズスパンコール刺繍×裾デニム
「Sumako5号」→着物地にビーズスパンコール刺繍&レース×裾別生地正絹orデニム
「Sumako6号」→着物地にビーズスパンコール刺繍&レース
「Sumako7号」→着物地or浴衣地両面ビーズスパンコール刺繍×
裾別生地正絹orデニム
「Sumako7号-L」→着物地or浴衣地両面ビーズスパンコール刺繍×
裾別生地正絹orデニムは同じでサイズがiPhone 6対応です。
「Sumako7号-R」→着物地or浴衣地両面のビーズスパンコール刺繍&
パッチワーク仕上げ×裾別生地正絹orデニム
「Sumako7号-LR」→着物地or浴衣地両面ビーズスパンコール刺繍&パッチワーク仕上げ
裾別生地正絹orデニムは同じでサイズがiPhone 8対応です。
「Sumako8号」→着物地or浴衣地で裾別生地正絹orデニムきりかえは同じでサイズがiPhone 8対応です。


※ご予算に合わせて製作させて頂く事も可能ですので
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合わせは、こちらから〜♬か、下のこの記事に関するお問い合わせからどうぞ〜!

【CUSTOM ORDER】の詳細は、太文字クリックでご確認頂けます。
【CUSTOM ORDER価格表】は、太文字クリックでご確認頂けます。
【CUSTUM ORDER ご注文の流れ】は、太文字クリックでご確認頂けます。
【CUSTUM ORDER FORM】は、太文字クリックでORDER FORMが出て参ります。


関連タグ:『アトム&ウラン浴衣物語』 「Sumako8号」 「BONN」 「阿吽2号-C1」 「阿吽2号」 「阿吽」 「スカジャン2号」 「スカジャン」 「CHARA2号-A」 「CHARA2号」 「CHARA」 「Sumako」 ポーチ 2WAY [CUSTOMORDER] [生地合体おまかせORDER] アトム ウラン 浴衣地 K.T様スカジャン 浴衣地「スカジャン」 鉄腕アトム モデル着こなし参考例 


この記事に関するお問い合わせ

お名前  
ふりがな  
メールアドレス  
タイトル
お問い合わせ内容

RSS2.0