先週の[2017年水無月COLLECTION・2]で「杏2号」をお買い上げ頂いた
PR隊長のさおりさんから、と〜っても嬉しい感想メールを送っていただきました!

それだけでなく、実は昨日、紫陽花デートもご一緒させて頂きました〜♪



今回も、とっても素敵に着こなしていただきましたので
取材原稿が戻り次第、アップさせて頂きます!
まずは、さおりさんからのVOICEをご紹介させて下さいませ。

2017年6月13日 01:16 件名:「杏2号」無事に届きました♪
……………………………………………………………………………………………………
河村志尾美様

こんばんは、いつもお世話になっております。
今日、無事に「杏2号」が届きました!



早速手に取ってみると、サラッと肌触りがとても良くて
なるほどこれが有松鳴海絞りなのかと思いました。



恥ずかしながら、私は着物については疎いので
「有松鳴海絞り」についてはあまり知りませんでした。

調べてみたら愛知県の有松・鳴海地域を中心に生産される
江戸時代から続く伝統工芸品なんですね。

見た目の印象で絞り染めというものはごわごわしているのかな〜と
思っていたのですが、
そうではなく柔らかくサラッとして、
着心地が良いだろうなと手に取っただけでわかりました。

前々から「あ・うん」のアイテムで袖があるシャツを
一枚は欲しいなと思っていたので、
この可愛らしい紫陽花模様の有松鳴海絞りが「杏2号」に変わると知ってから、
とても気になっていました。

この後に出て来た「CALLAS1号」にも心惹かれましたが、



やっぱり可愛らしい紫陽花模様の「杏2号」に一目惚れしたのでそちらを選びました。
ライバルも多そうでしたし、今回はどうだろう…とヒヤヒヤしながら、
コレクションが始まってポチッと購入できた時は
購入できなかった方に悪いな〜と思いつつも正直嬉しかったです。

試着してみましたら志尾美さんが仰っていた通り、
肌触りが良くて軽くって気持ちが良いと感じました。

日本の気候にぴったり合うのはやはり着物生地が一番ですね。
今の時期には浴衣生地が本当に合うなとじみじみ思わせてくれました。

可愛らしい紫陽花模様、珍しい「筋絞り」の染めもすごく気に入りました。



「杏2号」のデザインも申し分なく、
肌寒かったり暑かったりする今の季節にはぴったりです。

ゆとりがあるのにどこかすっきりとして見えるし、
着心地が抜群でとても楽なシャツだと思います。
出来るなら毎日着ていたいぐらいです(笑)
この「杏2号」の着こなしをあれこれ考えるのが楽しいですね。

志尾美さん、この度は素敵なものをありがとうございました。
「杏2号」を着ての紫陽花デート、すごく楽しみです〜。
それでは。

高岡さおり
……………………………………………………………………………………………………
さおりさぁ〜ん!毎度お買い上げ頂き大変お忙しい中、
いつも嬉しい感想メールを送って頂き誠にありがとうございました。
『出来るなら毎日着ていたいぐらいです。』だなんて嬉し過ぎます!!
「有松鳴海絞り」の気心地の良さを体感して頂けてこちらこそ感激です。
是非、気になっていらっしゃる「CALLAS1号」の方も
同じく「有松鳴海絞り」なので、是非よろしくお願い致します。
こちらの作品は、もっとこなれ感が増して、季節にも関係なく着用出来ますので
心よりお薦め致します。さおりさん、めっちゃお似合いになられるでしょうね…。

そして昨日は、紫陽花デートにおつきあい頂き、本当にありがとうございました!
現在、写真をセレクト中ですので、アップまでしばらくお待ち下さいね。
それでは、GALLERY取材原稿の方も心よりお待ちしております。


関連タグ:「杏2号」 「杏」 シャツ チュニック 浴衣地 紫陽花文 紫陽花模様 VOICE 有松鳴海絞り 


この記事に関するお問い合わせ

お名前  
ふりがな  
メールアドレス  
タイトル
お問い合わせ内容

RSS2.0