今日も寒い1日でしたね。
しかし、天気予報は外れて都内は雨でしたね。
みなさま、体調を崩されていらっしゃいませんでしょうか?

それでは本日も『優子の桜大島紬物語』。
第四弾も素敵な小物のご紹介です。

おなじみガマ口ポーチの「Sumako7号-L」さん。



「Sumako7号-L」着物地or浴衣地両面ビーズスパンコール刺繍×裾別生地orデニム切り替えは同じでサイズがiPhone12対応です。
<本体外寸>高さ18,5cm 幅(底)11,5cm(最大幅)14cm マチ3cm
<親口金内寸>高さ16,5cm、幅9,3cm
<チェーン>長さ38cm&120cm 3WAY 裏地&ラベンダーの匂い袋付



38cmのチェーンはお揃いのトートと一緒に2個持ちで、着こなしのポイントにも〜♪



片面は、黒髭紬で裾に大島紬の桜模様を合体しました。



この生地合体、やはり魅力的ですよね。
と自画自賛。



黒髭紬側を表側にしてお持ちいただいても
髭の表情が豊かなので桜模様もより引き立ちますよね。



チェーンは、取り外し自由ですので、シーンに合わせて使い分けて下さいませ。



裏地は、他の小物とお揃いの生地を合体させていただきました。

パスポートとスマホを入れても高さが2,5cm大きくなったので余裕で入ります。



ラベンダーの匂い袋は、もちろんお揃い仕上げです〜♪



120cmのチェーンは、ポーチとして斜めがけも出来ますので



いつも肌身離さず大切なモノを入れて下さいね〜♪



サングラス等の眼鏡入れとしても使えますし、名刺や、リップを入れにも〜☆
お揃いのガマ口ネックレス「コレット1号+」との重ね付けも素敵です。



優子さぁ〜ん!毎度[お持ち込みCUSTOM ORDER]でご注文頂き、
誠にありがとうございました。
「Sumako7号-L」いかがでしたでしょうか?
お揃いのお洋服と一緒に目立っちゃって下さいね☆
それでは、引き続き他の素敵なCUSTOM STORYをご紹介させて下さいね。


☆みなさまも店主を信じて[完全おまかせCUSTOM ORDER][生地合体おまかせORDER]
または[お持ち込みCUSTOM ORDER]
世界でただ一つの「Sumako」を作ってみませんか?

「Sumako1号」→着物地のパッチワークにビーズスパンコール刺繍×片面デニム
「Sumako1号-R」→着物地or浴衣地両面のビーズスパンコール刺繍パッチワーク仕上げ
「Sumako2号」→デニム地の上に着物地のパッチワーク
「Sumako3号」→藍の型抜き×前掛けorデニム
「Sumako3号+」→型抜き生地×前掛けorデニムにビーズ刺繍を施した作品
「Sumako4号」→着物地にビーズスパンコール刺繍×裾デニム
「Sumako5号」→着物地にビーズスパンコール刺繍&レース×裾別生地正絹orデニム
「Sumako6号」→着物地にビーズスパンコール刺繍&レース
「Sumako7号」→着物地or浴衣地両面ビーズスパンコール刺繍×
裾別生地正絹orデニム
「Sumako7号-L」→着物地or浴衣地両面ビーズスパンコール刺繍×
裾別生地正絹orデニムは同じでサイズがiPhone 6対応です。
「Sumako7号-R」→着物地or浴衣地両面のビーズスパンコール刺繍&
パッチワーク仕上げ×裾別生地正絹orデニム
「Sumako7号-LR」→着物地or浴衣地両面ビーズスパンコール刺繍&パッチワーク仕上げ
裾別生地正絹orデニムは同じでサイズがiPhone 6対応です。


※ご予算に合わせて製作させて頂く事も可能ですので
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合わせは、こちらから〜♬か、下のこの記事に関するお問い合わせからどうぞ〜!

【CUSTOM ORDER】の詳細は、太文字クリックでご確認頂けます。
【CUSTOM ORDER価格表】は、太文字クリックでご確認頂けます。
【CUSTUM ORDER ご注文の流れ】は、太文字クリックでご確認頂けます。
【CUSTUM ORDER FORM】は、太文字クリックでORDER FORMが出て参ります。






関連タグ:『優子の桜大島紬物語』 [CUSTOMORDER] 「ベストール1号」 「ベストール」 ロングジレ ベスト 桜文様 パッチワーク 「CALLAS2号-A」 「CALLAS2号」 「CALLAS」 「LINDA1号-A」 「LINDA1号」 「LINDA」 [お持ち込みCUSTOMORDER] [完全おまかせCUSTOMORDER] セットアップ 桜模様 大島紬 「コレット1号+」 「コレット」 「Bonnie1号」 「Bonnie」 ベレー帽 ガマ口ネックレス ネックレス 着物地×ビーズ刺繍 「Sumako7号-L」 「Sumako7号」 「Sumako」 


この記事に関するお問い合わせ

お名前  
ふりがな  
メールアドレス  
タイトル
お問い合わせ内容

RSS2.0